ブログ かたかごの花だより

2018年

11月

01日

2018/10/06~08 高畠稲刈り体験ツアー

 

所沢生活村の高畠稲刈り体験ツアー 報告

 

日時 2018年10月6日~8日

 

 

 

1066時に所沢を出発、圏央道、東北道、東北中央道を経て11時過ぎに高畠の中川・秋津さんの田んぼに到着、杭掛け中の中川淳さんに田畑をざっと案内していただきご自宅へ。秋津さん特製の豆カレーと雑穀米、野菜サラダのお昼を頂きお宅の周りの畑や作業小屋、あけびの垣根、水路を経て裏山に続くお庭などを拝見。田んぼへ移動して午後1時頃からやり方説明を受けて杭掛けに挑戦。「冬水田んぼ」での杭掛け作業は、田んぼの端に沿った比較的地面の硬い部分を私たちのために残しておいてくださったのですが、時に長靴の上の方まで泥に埋まることもありなかなか大変でした。既に建てられていた杭へ横木を縛って、傍に積み上げて用意して下さっている稲束の山からまず4束を地面から立てかけた上に稲束を時計回りに2人組になって積掛けていきます。私は渉吾君と組んで、慣れてくると楽しく次々にかけていけました。それがすむと田んぼのあちこちに置いてある刈りした稲束を集めたりしました。他の人たちはもっと重労働をされたようです。休憩のおやつに秋津さん手作りの栗の渋皮煮をたくさん頂きました。お役に立つかどうかわからないようなお手伝いにも農家の方はとても気を使って準備の方が大変だろうと実感しました。でも一仕事の後のさわやかさったらありません。何をしたわけでもないのでしょうが本人には応えられない快感です。田んぼの後畑へもご案内いただき朝からそこでカラスからタカキビを守るお仕事をしている愛犬ゴンといっしょに、夕日が西の空を染めるころ家路へ。私たちはさんさんへ。丁度台風が日本海を通過中で黒い雲が多い西の空を見て、ここからの夕日はほんとにきれいなのにと淳さんはお気に入りの場所も教えて下さいました。さんさんでの夕食はいつもの本田さんの家庭料理です。自前のお野菜満載の心づくしのお夕飯。たくさんの献立はどれもおいしく、こんなに食べられるかしらと思ったのにみんなきれいに平らげて身も心も満足。また明日頑張ろう、と早々の就寝へ。そのまま朝までぐっすりの私でした。なんて健康的!