五月端午の節句を迎えて

 

 

 

 

 

古くは中国漢代から発生されたといわれている

五月五日の端午の節句は日本では邪気を払い、

延命を祈願する宮中の節句行事から始まったと

言われています。

 

 

この、のぼりは70有余年前のもので、今なおきれいに保存されていました。

男子の誕生を祝い、その子の身を守り無事に成長を願い鎧や兜と一緒に飾られ、又菖蒲の節句とも言われ現在はこどもの日と呼ばれています。

 

将来を担った子供たちへの食生活、あらゆる角度から視野に入れ、安全な食べ物を供給している所沢生活村をご利用下さい。