所沢生活村では毎月の会報に配分所だよりを載せています。月々のお品物の情報をお伝えし、ご注文の参考にしていただくためです。

配分所だより 2021-9-28

配分所の正面ガラス扉に東京新聞の日曜版の特集で除草剤グリホサートを扱った一面を貼りました。その切り抜きに興味をもたれ話し込んでいかれる方がいました。「農薬はいけないけど除草剤はいいんでしょ?」という素朴な疑問に「いえいえ、もっと悪いんですよ」と始まりました。毎日配分することに汲々としている面が多々ありますが、その肝心なそもそものことについての広報にもっと心を砕かなければと思わせて頂いた時間でした。会員さんになってくれるといいなと素直に思いました。輪よひろがれーと願いを込めて。 ()

 

10月配分日                                   

 05日(火)舞茸・パン・千秋                                 

 08日(金)豚肉                                           

 12日(火)干物・えのき・なめこ・函館鮮魚・ジュース             

 19日(火)舞茸・紅玉・みかん・すり身・かちり・ちりめん・蛸     

 22日(金)豚肉・もつ・ソーセージ類・餃子・シュウマイ          

 25日(月)米                                             

 26日(火)干物・えのき・なめこ・りんご・練製品・牡蠣          
*月曜日に牛乳・お豆腐が配分されます。
*火曜日はこの他に野菜・卵・ゲンキナ(隔週)があります。
*配分予定はあくまで予定です。果物などは天候により収穫が前後します。

 

9月分口座引落日      

   1019() (引落明細は12()に配付予定)

 

品 目 情 報  

 

わかちあいのレギュラーコーヒー      わかちあいプロジェクトは、フェアトレードと難民支援活動を通して開発途上国の人々を支える 国際協力NGOです。わかちあいのフェアトレードコーヒーは現地で出来る限り無農薬で生産され、国内で注文を受けてから焙煎されます。先に年間注文でご注文いただいた数が今回少なめで発注するにはちょっと足りません。美味しさは保証済みです。初めての方、ぜひご協力を。注文書は種類を丸で囲み、数を記入し豆か粉か指示してください。

 

上和田有機米組合のお米      9月のお米の一部から新米が始まっています。20年産の天日干し特別栽培米は最後に在庫がなくなり早めの新米となりました。もちろん無農薬米です。天日干し米はまだ間に合いませんので機械乾燥のお米となりますが、どうぞご容赦ください。11月の正規の新米に備え年間注文を出されていない方はお早めにお願いします。

 

松島の生牡蠣      今年も東松島の野蒜の浜から鮮度抜群の牡蠣が入荷します。10月から3月まで月に一度、月末に入ります。出荷2日前に牡蠣棚から引き揚げられた牡蠣は野蒜の長石商店の工場直下の海水の井戸からくみ上げた清浄な海水の中で丸1日最後の仕上げを行います。周辺海域の海水の検査も定期的に行われ菌の繁殖が疑われる時は出荷停止の処置がとられますので大変安心です。その清浄さは食べてみてすぐにわかります。牡蠣酢はもちろん、高橋社長のお勧めは牡蠣のしゃぶしゃぶのようです。ユーチューブに高橋さんが牡蠣の話しをしているサイトがありましたのでご紹介します。

価格は昨年実績を表示しました。

【食べて応援チャンネル】宮城県東松島市 長石商店 - YouTube https://www.youtube.com/watch?v=SEjpz794GqY

 

高橋稔さんのりんごと葡萄      9月に配分したキャンベルはいつにも増して好評でした。会員の方も、売り出しで買われた外の方も「もう無いの」と何人もの方に聞かれました。ナイアガラは不作で欠品となり残念でしたが、キャンベルが中粒種の美味しさを堪能させてくれました。高橋さんありがとうございました。りんごのつがるも美味しかったですね。続く千秋が天候の加減で少し遅れて10月にずれ込んでしまいました。まだ間に合いますので追加の方はご連絡ください。果物の入荷が途切れてしまった9月末、初めて高橋さんの大粒種の葡萄を少しだけお願いしました。この会報を書いている時はまだ届いていませんので詳細をお伝え出来ませんが農薬の使用回数などはいま戴いているデラなどと同じ最低限と伺っています。注文書には項目だけ立てておきますので興味のある方はご記入ください。数がまとまれば再度お願いしようと思います。

 

黒糖本舗のサトウキビ蜜      簡単で美味しい食べ方のお知らせです。私事で恐縮ですが、須崎の直美さんの天草で寒天を作り蜜かんでなどと思っているうちに夏も終わってしまい、きび蜜が余っていると心配になりました。ケース発注で仕入れ単価を抑えましたのでまだたくさんあります。そこで思いついたのがヨーグルトにかけるという何とも安直な食べ方。それが思いの他美味しかったのです。黒糖はブドウ糖に限りなく近く数分で体内に吸収されるそうです。またカルシウム、リン、鉄、ナトリウムなどのミネラルやその他の微量栄養素を多く含み、黒い色素は糖の吸収を抑制する作用もあるそうです。さらに血液サラサラの効能もあるという優れもの。コーヒーやお茶に入れるのもお勧め。そういえば黒糖入りのコーヒーは上島珈琲の看板でした。無農薬です。ご注文を!!

 

有機みかんサイダー      これも夏の名残りのみかんサイダーのお知らせです。コロナも落ち着いてくればまた家族で集まって食事をなどという時にいかがですか?

原料が全て安心できるものばかりで、お子さんにも心配ない飲み物です。

 

山上の練り製品      夏の間隔月で配分していましたが、今月から毎月となります。おでんの美味しい季節を迎えますね。自社製造の本物のすり身の練り製品の美味しさを楽しんでください。

 

10月の月例会      
10/16() AM10:00 配分所出発

さつま芋掘り-久保田農園内-生活村の芋畑にて!

紅はるか、シルクスイート、安納芋がまってます。

参加費500円、水筒、長靴、軍手ご用意のほど!

 

天候・生育状況によっては日程が変更の可能性有、
希望者はご連絡を。

 

配分所だより 2021-8-31

今年の夏の天候はいろいろと不順でした。各地の被災の模様とともに農作物の不作の報も入って来ています。有機栽培の作物は天候に左右されることが大ですが、それにしてもこの数年不順のお知らせばかりしているように思います。私たちにとっての温暖化はこうしてひたひたと始まるのですね。でもそんな猶予もなく大地が侵食されている土地の人々にどのように思いをいたせばいいのでしょう。唐突なようですが、少なくともすぐそこに迫っている総選挙でまずは地球と日本の未来を託せる選択をしなければと思います。私たちただの市民にとって平等に与えられている選挙権はもっとも簡便でもっとも即効性のある力の行使です。コロナやその前でさんざん繰り返された嘘と言い逃れではなく、本当の話しの出来る人を選ばなければと願います。  ()

9月配分日                                       

 07日(火)舞茸・パン・枝豆・牛肉・つがる                   

 10日(金)豚肉                                           

 14日(火)干物・枝豆・えのき・なめこ・函館鮮魚・葡萄       

 21日(火)舞茸・葡萄・たらこ                               

 24日(金)豚肉・もつ・ソーセージ類・餃子・シュウマイ        

 27日(月)米                                         

 28日(火)干物・えのき・なめこ・千秋?                      
*月曜日に牛乳・お豆腐が配分されます。
*火曜日はこの他に野菜・卵・納豆・ゲンキナ(隔週)があります。
*配分予定はあくまで予定です。果物などは天候により収穫が前後します。

 

8月分口座引落日 

   9月22() (引落明細は14()に配付予定)

 

品 目 情 報

 

荏胡麻油と荏胡麻の実      先に入荷のお知らせをしましたが、高畠秋津さんの丹精こめた荏胡麻油があと2本残があります。また今年初めて久保田さんから荏胡麻の実が少しだけ入りました。改めて見る荏胡麻の実の細かいこと、4回も選別したとのことで綺麗にそろっています。実の方は食べ方はゴマとほぼ同じで混ぜたりもします。かちりとの佃煮も美味しいようです。軽く煎ってなんにでも振りかけて召し上がれます。よく噛むことが必須とのこと。体内で作ることのできないオメガ3系の油を意識的に摂取して血管の老化を防ぎましょう。

 

高畠皆川さんの枝豆      8月の菊地さんの枝豆に続いて9月は皆川さんの枝豆を取ります。高畠の現地交流会では毎年皆川さんの枝豆がご自身で茹で上げて供されました。香りも味も一味違う枝豆でした。昨年もたくさん戴いて好評でした。

 

キープの牛肉      6月に引き続きキープ牧場の仔牛肉が届きます。次回は12月になるということなので少し早めでしたがいただくことにしました。仔牛肉なので柔らかく、スライス肉はすき焼きにぴったりの薄さです。焼肉には薄すぎるという方もいますが、そんな時はぜひブロック肉から切り出していただけたらと思います。ひき肉は脂身が少なく、生活村の豚肉と合わせると申し分のないあいびき肉となります。この機会にぜひまとめてのご注文お願いします。

 

高橋稔さんの早生りんごと葡萄      天候に左右されることの多い早生のリンゴですが、今年のつがるは完全に色付く前の落果が多いということで、色付き今一歩というところで収穫しようとなりました。久しぶりのリンゴの味をぜひお楽しみください。まだ気温が高く傷みやすいので少しずつの配分承ります。ご遠慮なく!

また、デラウェアが終わって次は中粒種のナイアガラや、キャンベルですが、残念ながら今年のナイアガラは全くの不作のため欠品となりそうです。天候のせいか生育不良とのことです。ナイアガラをご注文の方大変申し訳ありません。キャンベルについては一応順調とのことで今後の日照にもよりますが、第2週か3週を予定しています。

 

久保田さんの冷凍品      すでに冷凍ブルーベリーは年間注文いただいたた方への配分を終わりました。ミニトマトは9月からですがまだ余裕があります。イチジクや栗は収穫そのものがこれからで収量は未定です。いずれもまだ間に合いますので追加注文よろしくお願いいたします。

 

函館八島商店の甘塩たらこ      年間注文の甘塩たらこが入ります。たら子好きの方、必見いえ、ぜひ一度食べてみてください。自信を持ってお薦めできます。

 

函館鮮魚に若芽      綺麗に始末された切り身とともに生若芽の冷凍が入っていました。珍しいので鮮魚をご希望された方に一パックずつ配分したいと思います。今月はマスの他にニシンやホッケ、カレイ、エゾアイナメ(アブラコ)などが入りました。ご希望があればなんなりと。

 

 

野村養蜂の結晶はちみつ      7月は蜂蜜月間でした。いつものように長野の松代養蜂さんとともに三重の野村養蜂さんにも蜂蜜の注文をFAXしたところ折り返しお電話を戴きました。野村養蜂さんからは長年熱処理をしていない水分含量の少ない結晶蜂蜜を戴いていましたが、数年前からそれまでの産地の北海道でも良質なものが採れなくなってしまったとして産地を紀伊山地に変えるなどご苦労されていました。生活村でもそのころから新たな養蜂園として松代養蜂さんとのお取引が始まりました。野村養蜂さんによれば今年はその北海道で期待以上の良質の蜂蜜が採れたということで自信を持ってお勧めできますとの本当に喜びに満ちたお声の電話でした。なんだかこちらも嬉しくなって予定以上の蜂蜜をお願いしてしまいました。なので今年はこの結晶蜂蜜の在庫にかなりの余裕があります。結晶蜂蜜とは何だろうと思われる方や昔の味を覚えておられる方、ぜひまたご注文をお願いいたします。そのうち幻の蜂蜜になってしまうのではと。貴重な蜂蜜です。

9月の月例会      9/18() AM10:00 配分所 

高畠風の会-秋津ミチ子さん、河原多喜子さんと結ぶ!

 

ZOOM接続の月例会です。つなぎ方サポートいたします。

配分所だより 2021-7-27

配分所の白い冷凍冷蔵庫が不調です。左側の冷凍庫の機能が落ちてしまい、夏本番を前に保冷剤の冷却にかなりの時間を要するようになってきました。配分所がここに越す前からのお勤めなのでそろそろ買い替え時期なのかと思います。いろいろカタログを見ましたが、機能の面でいまいちピッタリくるものがなく思案しています。なにかいいアドバイスがあればお聞かせください。中古やリースも検討しています                 ()

8月配分日                                       

 03日(火)パン・えのき・なめこ                              

 10日(火)舞茸・干物・チーズ・枝豆・丸なす・デラ・ジユース    

 13日(金)豚肉                                           

 17日(火)えのき・なめこ・函館鮮魚・若芽・すいか・デラ      

 23日(月)米                                            

 24日(火)舞茸・干物・枝豆・練り製品・すいか・デラ・お茶       

 27日(金)豚肉・もつ・ソーセージ類・餃子・シュウマイ        

 31日(火)えのき・なめこ                                   
*月曜日に牛乳・お豆腐が配分されます。
*火曜日はこの他に野菜・卵・納豆・ゲンキナ(隔週)があります。*配分予定はあくまで予定です。果物などは天候により収穫が前後します。

 

7分口座引落日      

   8月20() (引落明細は17()に配付予定)

 

品 目 情 報

 

牛乳のパッケージ      8月からタカハシ乳牛の製造ラインの調整によりバッケージが変わります。赤からベージュとなりますが、これが本来の仕様です。中身・価格に変更はありませんのでご安心ください。

黒ニンニクのお勧め      広島の竹本農園さんから丹精込めた自家農園のニンニクで作った黒ニンニクが入ります。昨年もたくさんいただいて好評でした。

木次のチーズ      木次のチーズは年に数回入荷します。いずれも熱処理をしていないので徐々に熟成していきますが、モッツァレラ、カマンベールは賞味期限が短いので注意です。赤玉や黒胡椒は4ヶ月の賞味期限がありますのでまとめてのご注文が可能です。次回は暮れ頃配分の予定です。

カンボジアの胡椒      昨年まで10回にわたり連載されたカンボジア便りの置き土産とでも言いましょうか、今年もクラタペッパーの有機胡椒をとります。いずれも粒胡椒ですが、少しの粒でも薫り高く存在感のある逸品です。お値段は多少張りますが一袋でかなり使いでがあります。

塩糀の瓶詰め      配分開始時には小さなビニール袋入りでスタートしましたが、先月の外売りから瓶入りにて販売しています。発酵進行中なので瓶もほどほどの容量で止めないとあふれてしまいそうでした。お使いになるときによく混ぜてください。豚肉の塩糀焼きがスタンダードですが、キュウリや人参など野菜に振りかけよくもんでいただくと30分もしないで美味しく食べられます。塩加減が気になる方にもお勧めです。

柑橘年間注文      年間注文の配布はこれでひと段落します。柑橘類はとくに天候によるブレが大きく、配分の種類が前後する可能性があります。また産地によっては充分な収量が見込まれないところも出てくるかもしれません。配分月になりましたらまたご案内いたしますがご了承のほどお願いいたします。これまで配布したどの年間注文にも締め切りはありません。配分に間に合えばいつでも対応させていただきますが、年間を通した食生活の自己設計の観点からも早めのご予約が適しているのは言うまでもないことです。

津南のジュース      冷たいものの美味しい季節ですが、糖分の取りすぎや添加物に留意されている方にはぜひおすすめのジュースです。年間を通してご注文されている方のために2か月ごとの配分となっています。箱単位の注文も一本づつのご注文もご希望に応じて配分しています。まずは一本お試しになってください。りんごの材料は高畠からもたくさん入っています。運が良ければ星寛治さんのリンゴのジュースに当たるかも。とまとは津南農産直営のとまと畑から無農薬で傷のないとまとが選り分けられて使われます。無塩のとまとジュースには傷のあるものは品質を保持できないとして使われません。人参も直営畑産です。種類はりんご・とまと・人参Mix、があり、大きさは1ℓ入りと350ml入りの2種類があります。

 

八島商店の塩糀にしん      6月に事務局で試してみました。にしん好きの方にもそうでない方にもお勧めできます。糀がニシンのくせをまろやかにしてくれています。にしんのぬか漬けはぬかを落とすのが少し手間ですが、こちらはいたって簡単です。流水で流しながらついでに鱗もきれいにしてしまうと焼き上がりが綺麗ですぐに食べられます。

配 分 所 情 報

*わかちあいの古着支援プロジェクトのご報告です。今年はお米30kg入りの箱にして8箱分を送り出すことが出来ました。一箱について3000円の送料が必要でしたが二箱をひとくくりにすることで節約し、4箱分の送料とカンパを含めて15,000円を送金しました。大切なご家族の衣類を献品して下さったり、保育園さんでは子供用の衣類をためおいてくださいました。あなたの衣類が彼の地で誰かを温め、役に立っているかと思えるのは素敵なことではないですか?また来年に向けてご準備くだされば幸いです。

 

8月の月例会      8/21() AM10:00 配分所 

上和田有機米組合前組合長渡部宗雄さん、

新組合長渡部京一さんと話す!!

ZOOM接続の月例会です。

 

つなぎ方サポートいたします。

 

 

配分所だより 2021-6-29

知り合いに新型コロナによる家族4人全員の感染という例がでました。直接の接触はありませんが、ひたひたと迫ってきていると実感します。滞りがちなワクチン接種のなかで強行されるオリンピックには今の日本が抱える政治と社会の限りない混迷が凝縮されているように思います。ますます会員の皆様のご無事を祈ります。                      ()

 

7月配分日                                       

 06日(火)パン・えのき・なめこ・グリーンピース・牛肉  

 09日(金)豚肉                                          

 13日(火)舞茸・干物・柑橘・ブルーベリー・活サザエ・かちり・蛸 

 20日(火)えのき・なめこ・函館鮮魚・桃                     

 23日(金)豚肉・もつ・ソーセージ類・餃子・シュウマイ         

 26日(月)米・もち米                                     

 27日(火)舞茸・干物・柑橘?・練り製品・蜂蜜                

*月曜日に牛乳・お豆腐が配分されます。

*火曜日はこの他に野菜・卵・納豆・ゲンキナがあります。

*配分予定はあくまで予定です。果物などは天候により収穫が前後します。

 

6月分口座引落日      

   719() (引落明細は13()に配付予定)

 

品 目 情 報  

 

高橋さんのもち米 追伸     高畠提携センターからお知らせが届きました。リンゴもブドウも順調とのことですが、今年はもち米がかなり残っているとのことです。国産無農薬、天日干しのもち米です。普段のお米に少し混ぜて炊くともちっとして美味しくなりますよ。消費にご協力いただける方は1kgから配分出来ますのでぜひご注文お願いします。

 

稲穂の豚肉     お知らせのとおり豚肉の値上げをこの7月からさせていただきます。一律約50円の値上げをしなければなりませんが、部位によって多少の調整をおこないます。ご負担をかけることになりますが、どうぞご容赦のほどお願い申し上げます。また、豚肉のご注文は月に1パックでもかまいません。このところ余り気味の豚肉ですが、配分量を増やして今の半頭買いをなんとか維持していきたいと思います。お好みのバラ買いになってしまうともっと高いものになってしまいます。ご協力をお願いします。

 

シュウマイとお肉の夏のご挨拶      稲穂製造、横浜中華街福萬園さんの餃子はお試しいただけましたか?続いてシュウマイのご案内です。ほぼ肉だけのシュウマイという感じですが、黒豚肉の旨味がよくわかる味です。価格は餃子と同じです。冷凍で配分されます。お忙しい時のご用意にいかがでしょうか? また、お中元用のご案内のチラシを配布しました。定価より1割引きでお引き受けいたします。

 

 

キープ牧場の仔牛肉      山梨キープ牧場からは乳牛用にはならなかった牡の仔牛肉が入ります。これも提携で入りますので部位は選べません。切り方で分かれているのみですが、どの部位も価格は一定です。ブロック、スライス(すき焼き用)、ひき肉(150g300g)の中からご希望の量をご注文ください。

 

自然栽培さとうきび蜜入荷しました      蜜とともにお勧めしていた下田須崎の田中直美さんの天草も入荷しました。手作りの寒天は本当に一味も二味も違います。そこにこの蜜をかけてみてください。アイスクリームやヨーグルトにもいいですね。蜜と一緒にご案内した黒砂糖は12月の収穫時の注文生産とのことで次の生産時期まで在庫はないとのことでした。申し訳ありません。改めて注文をとりますのでよろしくお願いします。
()黒糖本舗垣乃花 URL : http://www.kakinohana.co.jp/

 
 

須崎の活サザエ      その須崎の田中直美さんから採りたてのサザエが入ります。コロナでなかなか旅に出られない日々が続いていますが、せめて食卓にサザエのつぼ焼きで旅の気分はいかがでしょうか?入荷の前日朝まで海にいたサザエの新鮮さは格別です。ただし、ほぼ半月に一度の数日の漁期に合わせて配分日を設定したので、もし台風などで出漁が出来ない時には延期か中止になりますことをご了承ください。

生活村の塩糀      春に作った塩糀が熟成が進んで丁度食べごろです。当初の袋入りを改め瓶入りで配分したいと思います。夏野菜にかけたり、お肉やお魚の味付けなど用途はいろいろです。汁物などに塩の代わりとして使われる方もいます。発酵食品ですので順次熟成が進んでいきます。遅らせたい方は冷蔵庫にて保存してください。

高畠秋津さんの荏胡麻油      昨年収穫した荏胡麻の種を5月のお日様に干してから玉絞りした荏胡麻油が入ります。もちろん無農薬です。多くの食用油は原料に油分抽出の為に有機溶剤のノルマルヘキサンを加え高温加熱して抽出する方法がとられます。油分を残さず抽出できる優れた方法と言われますが有機溶剤もさることながらその分離の過程での200度の高温も荏胡麻には向いていません。圧縮による温度を上げないようにゆっくりと玉絞りした油は今の日本では得難い逸品です。

 

函館鮮魚      クルーズ船が入港予定とあって感染拡大を心配されていた海の熊さんでしたが、肝心のクルーズ船は感染者がでて出港直後にキャンセルされてしまったようです。良かったねとは言っていられない市場の動向があるようです。お魚も観光激減で大打撃を受けています。せめてと思いながらこのところ鮮魚の配分が伸び悩んでいます。前回は食べやすいマスのみを送っていただきましたが、7月はいかがなるでしょう。ふるってのご注文お待ちしています。

 

有機みかんサイダー      先月送料負担軽減のために光食品からサイダーを仕入れているとお知らせしましたが、そのみかんサイダーが好評で追加のご注文を頂きました。暑い夏もすでに始まっているような天候ですので、気を良くしてみかんサイダー3ケースを追加注文しました。有機みかんが原料となっていますので安心してお勧めできます。1本から配分いたします。お試しの方もご遠慮なく。

 

蜂蜜      毎年7月は長野、松代養蜂の蜂蜜をまとめて発注します。また野村養蜂の結晶はちみつもこの時期に合わせて仕入れます。松代の蜂蜜はアカシアと蕎麦の花を中心とした百花蜜、そのブレンドがあります。パッカーという片手開閉の出来る容器は使いやすいです。1年分の必要数を考えてご注文ください。もちろん清算は購買月ごとでの清算も可能です。

 

伊吹島の煮干し      まだ少し残があります。次の入荷予定は11月ですのでご要りようの方はご注文お願いします。冷凍保存してあります。煮干しだしのそうめん、おすすめです。

 

提携を維持するために      皆さんに配分しているお品物は予約を受けてから発注するのが原則です。そのお蔭で廃棄することがありません。価格も一定に保つことが出来ます。但し、送料負担を最小にするために一箱入数を維持する必要がありますので余りの数が出ることがままあります。そんな情報を先にお伝えする事で配分業務をスムーズに行えたらと思います。毎月の注文書にそんな情報を載せるようにしますので、ぜひご協力をお願いします。月次注文書の週配品の右側列に記入してみました。

 

冷凍野菜や果物      これから収穫を迎えるもので冷凍保存が可能なものがいくつもあります。ミニトマト、ブルーベリー、イチジク、グリーンピース、などなど。収量が限られているものもありますが、希望があれば確保をお願いできるものもあります。まずは皆さんの希望をお出しくださいますように。特に春のイチゴに続いて久保田さんのミニトマトは額を取って洗った状態で冷凍されていますので調理に大変便利です。解凍時に皮をむき(剥かなくても良い)富士酢を加えて無水で煮込めば数年は保管出来るトマトベースが出来ます

 

配 分 所 情 報

*今年のわかちあいの古着支援プロジェクトはこの7月です。供出してくださる方は。7/7(水)の配分所締め切りまでに必ず品物をお出しください。今回はズックなどの靴も受け付けています。品物とともに送料負担のカンパが必要です。国内集積場所への送料と船賃として大きな段ボール一箱につき3000円が必要です。お品物を出してくださった方で按分します。カンパのみも大歓迎。今年も衣類は南スーダンへ向けて発送されます。

 

7/17() AM10:00 配分所 出発

久保田農園内、生活村芋畑でじゃが芋掘り!!

アンデス、キタアカリ、メークインが待っています。

 

参加費500円、汚れていい服装、水筒帽子持参のこと。

 

配分所だより 2021-5-25

年次総会が終わりました。ZOOMの参加者は8名に上りました。本当にコロナでなければ踏み切れなかったかもしれませんが、初めてみればその成果に感嘆せざるを得ません。躊躇されている方、どうぞ臆せずご相談ください。距離も年齢も乗り越えて双方向の情報共有を可能にしてくれます。パソコンでもスマホでも、初めの一歩、お手伝いします!!          ()

 

6月配分日                                       

 01日(火)パン・舞茸・柑橘・青梅・雑柑                  

 08日(火)えのき・なめこ・干物・完熟梅・甘夏・函館鮮魚・ジュース 

 11日(金)豚肉・もつ・ソーセージ類その他                    

 15日(火)舞茸・柑橘                                      

 22日(火)えのき・なめこ・干物・柑橘・練り製品・煮干し       

 25日(金)豚肉・もつ・ソーセージ類・餃子・シュウマイ         

 28日(月)米                                             

 29日(火)舞茸・柑橘・お茶                                

*月曜日に牛乳・お豆腐が配分されます。

*火曜日はこの他に野菜・卵・納豆があります。

*配分予定はあくまで予定です。果物などは天候により収穫が前後します。

 

5月分口座引落日      

    621() (引落明細は15()に配付予定)

 

品 目 情 報  

 

高橋さんのもち米      もち米の配分はこの5月で今季最後となりました。稲架がけ天日干しのもち米は高畠でも作っている方が少ないそうです。まだ5kgの残がありますのでいかがでしょうか?1kgから配分出来ます。普段のお米に少し混ぜて炊くともっちりとしたご飯となります。

 

沖縄のお品物     沖縄黒糖本舗さんのホームページを拝見して黒糖シロップの製造開発にご苦労されたことが載っていました。結晶化を防ぐための4年以上にわたるご苦労が書かれていました。蜜も黒砂糖も美味しそうです。6月は沖縄戦の終結の月です。毎年慰霊祭が行われますが、今も大きな基地負担と新基地建設でけっして戦後が過去のものとなっていないご苦労の只中にあると思います。なにもできませんが年に一度は沖縄に思いをはせて沖縄の食材をためしてみませんか?伊豆下田の田中さんの天草で作った寒天と合わせたら素敵な冷菓になりそうです。

()黒糖本舗垣乃花 URL : http://www.kakinohana.co.jp/

 

ほどほど屋エイトさんの和からし      2016年の新年会のあとのケータリングでお世話になった「ほどほど屋さん」からご自分で育てたからし菜から作った和からしが届きました。もちろん無農薬、ご自分で放射能検査もされセシウム2種未検出との報告書添付の和からしです。粉と練りの2種類があります。あれからほどほど屋さんは京都の綾部に転居され農業のかたわら心のこもった楽しく美味しいたべもの屋さんを開業しているとのことです。練からしには富士酢を使って練っています。こんなからし日本中探してもここにしかないと伺いました。ご自慢の逸品、ぜひお試しください。

 

渡部宗男さんのアスパラガス      昨年から始まった高畠のアスパラガスてす。そろそろ届くのではないかと思っています。収穫のある間はひと月もないかもしれませんがある間はご希望に応じて配分します。昨年は太くても柔らかく大きなアスパラでした。今年も楽しみですね。

 

有機ミカンサイダー      光食品からソースやケチャップが入っていますが送料をなくすためには3ケースの注文が必要です。ソースだと半ケースで15本です。賞味期限を考えると一種類をそんなにたくさんは注文できません。そこで夏になるとサイダー類でケースの数合わせをします。今回は夏まつりで好評だったミカンサイダーを1ケース30本を取りましたのでご希望の方に配分できます。ソースやケチャップもお勧めですが、優しい味の光食品のサイダーもお試しください。

 

函館八島商店のだし昆布      天然昆布の漁場はまだ回復できていないようです。品薄の高値が続いています。お魚の年間注文で希望された方、残念ですがまだ入荷の予定が立ちません。ご容赦ください。用途は違いますが早煮昆布は入りますのでご希望がありましたら注文してください。早煮昆布は養殖昆布の間引きとなりますが、品質はピンキリです。もどそうと水に浸けると溶けたようになってしまうものもありますが、八島さんの早煮は保証済みでいつも安心してお勧めできます。まだの方はぜひお試しを。

 

伊吹島の煮干し      瀬戸内香川県の伊吹島の周囲はカタクチイワシが沸いて出るといわれるほど絶好の漁場だそうです。島に4つある水産加工場は漁期に入るとフル稼働でいりこの生産にはいります。生活村の煮干しは築地の伏高さんを通してその伊吹島から入ります。出しはもちろんそのまま食べても美味しいと評判です。次は11月の予定です。

 

豚もつの配分      5月第4週のもつの配分が発注ミスでずれ込んで6月第2週となります。6月のもつは予定通りですので4週の金曜配分となります。予定通り配分できませんで申し訳ありませんでした。また、福満園さんの餃子に続きシュウマイも始まりました。黒豚一杯のお味です。ほどほど屋さんの和からしと相性いいかもしれません。

 

配 分 所 情 報

 

*今年のわかちあいの古着支援プロジェクトは7月になりました。6月末を目途にお届けください。国内の集約場所と船賃のカンパが必要です。大きな段ボール一箱につき3000円が必要ですが、お品物を出してくださった方で按分します。今年も衣類は南スーダンへ向けて発送される予定です。

 

6/19() AM10:00~は月例会です。

高畠の田圃から/高橋稔さんと繋いで

年次総会報告

 

ZOOM参加歓迎!ご相談ください。

 

配分所だより 2021-4-27

お陰様で20年度が無事に終わりました。コロナで始まり配分所買い上げがあり、まだコロナが続いています。慌ただしい1年でしたがこれまでで一番可能性に満ちた年でもあったと思います。2010年に始まった生活村再建ブロジェクトはようやく次のステージの手がかりをつかんだのかもと思っています。5月の総会に向けて資料(5/11配布予定)を準備していますが、ぜひともじっくりとご検討のほどお願いいたします。                    ()

5月配分日                                      

 04日(火)舞茸・柑橘                                     

 11日(火)パン・えのき・なめこ・干物・鮮魚                   

 14日(金)豚肉                                            

 18日(火)舞茸・柑橘・すり身・にしん塩糀・                   

 24日(月)米・もち米                                     

 25日(火)えのき・なめこ・干物・柑橘                        

 28日(金)豚肉・もつ・ソーセージ類・餃子                   

*月曜日に牛乳・お豆腐が配分されます。

*火曜日はこの他に野菜・卵・納豆があります。

*配分予定はあくまで予定です。果物などは天候により収穫が前後します。

 

4月分口座引落日      

    521() (引落明細は18()に配付予定)

 

品 目 情 報  

野菜の年間注文      5月から配分の野菜の注文をとります。

集配野菜  毎週配分されるセット野菜は多めのフルと少なめのシングルがあります。それぞれ毎週、隔週、月一回など必要に応じて注文出来ます。

基本野菜 : じゃが芋・玉ねぎ・大根・白菜・きゃべつを基本野菜として週配では配分せずに別にそれぞれご希望数を配分します。月ごとにご希望数が変わるときは毎月の注文書にご記入ください。基本野菜のみのご注文も可能です。

年間野菜 : 今年は筍が週配ですでに配分されていますが、まだ収穫があれば配分します。それ以外はこれからです。各地の農家さんが届けて下さいますので量が足りないということは稀ですが、それでも近年変則的な気候のために思う量が入らないことがあります。梅、ラッキョウ、桃、胡麻、栗、など今年の出来はどうかしらと案じています、少ない時は少ないなりに按分して配分しますので、是非とも事前の予約をお願いします。

*いずれも各配分月の注文書による加減の変更が可能です。

 

生活村の塩糀      材料は高畠菊池さんの玄米糀と伯方の塩と天然水。毎日のように良く振って育てました。お肉やお魚にまぶすのもいいのですが、塩の代わりとして煮物、炒め物、汁物、なんにでもお使いください。ぐっと深みのある味に仕上がります。200g(150)づつの小袋に分けてありますのでお試しにも最適かと思います。容器をお持ちくだされば量り売りも致します。

 

沖縄のお砂糖 2      沖縄在住の会員、川村さんのご尽力で黒糖本舗のお砂糖を取り扱うことが本決まりになりました。黒糖本舗さんに原料となるサトウキビへの農薬や化学肥料の使用をおたずねしたところ弊社の自社農場で栽培している自然栽培サトウキビは、化学肥料、有機肥料、農薬等の人工物を一切畑に入れずに自然の土壌が持つ微生物の力で育ったサトウキビだけを収穫して黒糖を製糖しています。植え付けから収穫まで農薬等は一切畑に入れていませんので安心してお召し上がりいただけます。とのことでした。長い間探していたお砂糖ですが、こんな願ってもないお砂糖に巡り合えるなんてなんという幸運かと思います。価格も通販価格と比べて大変お安く配分できることになりました。ぜひ普段使いのお砂糖としてたくさんお選びいただけたらと思います。

()黒糖本舗垣乃花 URL : http://www.kakinohana.co.jp/

 

会津喜多方の漆器      年に一度の取り扱いです。新品のお椀(大中小)やお箸とともに漆器の修復も承ります。木地が木製であるものが基本です。見積もりをとってから修復に入りますので安心です。ご相談ください。

 

函館八島商店の塩糀にしん      八島さんから新しい品物のお知らせです。これまでニシンのぬか漬けはありましたが、塩糀に漬けたニシンが冷凍で入荷します。ニシンもホッケも地元の漁はとても少なくなっているようです。貴重な近海もののお魚をたくさん食べて応援しましょう。残念ながらホッケのすり身は不漁のため欠品中です。

 

高畠秋津さん荏胡麻油      毎年この時期だけの入荷です。秋津さんの無農薬菜種を玉絞りで絞ったこれ以上はない良質な荏胡麻油です。どうぞお見逃しなく!!

 

佐渡両蒲のトビウオのすり身      トビウオと塩だけのすり身です。トビウオの漁があり他の消費者グループの注文もあるときに一緒に作ってもらいますので少し入荷が不定期です。冷凍で塩が効いていますのでかなり持ちます。どうぞ数か月分の目安でご注文ください。

 

量り売りのおすすめ      プラ対策としてすぐにできることの一つが容器の改善です。ラッキョウやお味噌のパック売りを止めます。容器持参の量り売りが何よりですが、かなわぬ方月には簡便なビニール袋になります。ご協力をお願いします。

 

お米の価格      年間注文表と月次の注文表の価格が違っていました。4月分から本来の年間注文表の価格で請求させていただきます。ご了承のほどお願い申し上げます。年間注文の提出がまだの方はお早めにお願いします。白米も受け付けています。

 

配 分 所 情 報

*衣替えのシーズンです。処分されたい衣類がありましたらぜひ難民キャンプ用にお寄せ下さい。160cmサイズの段ボール一箱に付き3000(集積倉庫までの送料含む)ほどの送料が掛りますので衣類とカンパをともにお寄せ下さいますように。今年も南スーダンへ。

 

 

*西濃便の価格が大幅に上がりました。個人宅への配送を会社としてなくしたいとの方針とのことでした。配分所からの常温便は原則ヤマト便に変えます。重量・サイズが厳格になり価格もヤマト便の時価になってしまいますがよろしくご容赦のほどお願いします。

 

5/22() AM10:00 配分所 は年次総会です。

会計報告・21年度予算案・活動方針

ZOOM参加歓迎!ご相談ください。

 

資料配布は5/11。欠席の方は委任状を必ずご提出ください。

配分所だより 2021-3-30

 春が駆け足でやって来たのに世の中はコロナ一色で桜の花もかすんでしまいました。先の見えない、期待の持てない世の中ですが生活村の新しい年度には少し期待を抱いています。集まることが良くないことの対策として考えたリモートですが、これが一つの方法として一般的になればこれまでとは違った会の運営が見えてくる気がします。人との関わりを大切にすることが何より肝心なことです。そのためにあらゆる方法を駆使できる体力を身につけたいと思います。 ()

 

4月配分日                                       配分に必要な人員

 06日(火)パン・舞茸・甘夏                                 

 09日(金)豚肉                                           

 13日(火)えのき・なめこ・干物・鮮魚・Gフルーツ・ジュース     

 20日(火)舞茸・柑橘・すり身・カチリ・チリメン・タコ          

 23日(金)豚肉・もつ・ソーセージ類・餃子                    

 26日(月)米                                              

 27日(火)えのき・なめこ・干物・練り製品・柑橘               

*月曜日に牛乳・お豆腐が配分されます。

*火曜日はこの他に野菜・卵・納豆・椎茸があります。

*配分予定はあくまで予定です。果物などは天候により収穫が前後します。

 

3月分口座引落日      

    419() (引落明細は13()に配付予定)

 

品 目 情 報  

お米の年間注文      生活村の運営のかなめがお米です。月に5kgから受け付けます。無農薬、天日干しのお米はますます貴重になっています。どんなに少ない量でもまずはご注文ください。予約して配分をうけることに提携の基本があります。

小木曽の干物      偶数月に真あじを配分してきましたが、先月、3月にもかかわらず真あじで配分してしまいました。ずらすことも可能ですが、真あじの月だけ注文されている方もいますので今月も真あじで配分させていただくことで正常に戻したいと思います。あじがお好きでない方には大変申し訳ないことでした。ご容赦のほどお願い申し上げます。 

沖縄の砂糖      母親フーズが終業してから粗糖の仕入れ先をずっと探してきました。母親フーズへの納品元にも連絡をとりましたがあの粗糖は製造中止とのことで実現しませんでした。これからジャムの季節になるのにと思っていた矢先、沖縄在住の川村さんから地元素材100%のお砂糖を紹介していただきました。沖縄のさとうきびを原材料に珊瑚の粉末が加味されている粗糖というよりはもう少し精製されているお砂糖です。コーヒーにぴったりとありますが癖のないさっぱりとした香り豊かなお砂糖です。まだ細かなお取引の内容が決まっていませんが工場直送でお送りいただく予定です。川村さんには工場まで出向いていただいて詳細を詰めていただくお願いをしています。取扱品は現地をお訪ねしてという生活村の約束を沖縄でも実現できるのは何よりのことです。川村さんにはお忙しい中、本当にありがとうございます。価格はまだ未定ですが、現在お試しで送って頂いた品物が2つあります。早めに試してみたい方はご注文ください。

水俣の玉ねぎとグレープフルーツ      例年なら北海道の布施さんの玉ねぎに続いて3月から入る水俣の玉ねぎが今年は4月にずれ込んでしまいました。玉ねぎがないと嘆いた方お待たせしました。サラダ玉ねぎは春の味です。生で戴くのがお勧めです。また、年に一回のグレープフルーツも輸入ものとは一味も二味も違います。傷みやすいのが難ですが一度はお試しください。

函館の海      毎月函館の熊さんから鮮魚が届き、八島商店さんからは昆布や若芽などとともにホッケのすり身やたら子などが入ってきていますが、今年の海もいろいろと不漁が続いています。昆布の漁は6月まで未定ですが一度痛めつけられた海の中が回復するには長い時がかかるようです。鮭や鱈など冬の漁が今年も不漁だったようで今月は鮭は一尾も入りませんでした。ホッケのすり身もホッケ自身が不漁のようで欠品が続いています。先月お魚の年間注文書を配布しました。不漁のときこそ予約の数が大切になってきます。ご提出がまだの方はお早めにお願いします。鮮魚ではタラやアイナメなどが入っていますのでどうぞご注文をお願いします。アイナメはソテーや煮付け、粕漬けなど美味しくいただけます。

また今号では函館の漁師さんたちの奮闘ぶりをお伝えします。各地で生産者と消費者が直接つながるいろいろな取り組みが始まっています。私たちも食べて応援しましょう!!

山上さつま揚げ      冬の間毎月配分していたおでん材料などは4月以降隔月配分とさせていただきます。冷凍で配分されたものはそのまま冷凍保存できますので、2ヶ月分を考えてご注文お願いします。次回は6月です。

キープの牛肉      先月配分しましたが入荷量は予定の半数でした。今月足りなかった分を配分しますが、少し余裕があります。次の入荷は6月の予定ですのでご希望の方はご注文ください。スライス、ブロックはそれぞれ500G前後、ひき肉は180g350g2種類あります。

津南のジュース      20年度分の最後の配分となります。リンゴも人参MIXもトマトも最高の素材から作られたジュースです。ぜひ常備品としてお使いいただけたらと思います。トマトジュースをお料理のベースとして使うのもお勧めです。次回は6月ですが、21年度の注文書(4月末配布)にてご注文お願いします。

配 分 所 情 報

3月から初めた「(食べて/使って)欲しいもの箱」の利用は少しずつですが品物が動いています。レトルトや乾物、根菜、調味料、などいろいろなものが持ち寄られています。「あら、これ食べてみようかしら」とお持ちになる姿をみると「ああ無駄にならずによかった」と思います。ささやかな取り組みですが、ご協力をお願いします。

*パソコン事務のサポーターを募集します。曜日はなるべくご希望に沿いたいと思います。ご都合の付く方はどうぞご連絡をお願いいたします。現在のお手当は半日で1250/2時間半となっています。エクセル・ワードの初級入力が出来れば大丈夫です。

4/17() AM10:00 配分所 は月例会です。

NHKドキュメント「マイクロプラスチック」視聴

新年度の計画について

ZOOM参加歓迎!ご相談ください。

配分所だより 2021-2-23

 10年前の311日、その日は豚肉の配分日でした。今は一線を退かれた川嶋さんと二人で豚肉のブロックカットを行っていた時に大きな揺れが始まりました。かなりの間揺れは収まらず、ブロック積の壁が崩れるかもしれないと二人で包丁を持ったまま駐車場に飛び出しました。あれから10年、東北では復興への10年でしたが、生活村も再建への10年でした。揺れが収まり再建がなったのかと思う間もなく、今度はコロナ禍です。生活村がというより世の中全体がどうなっていくのだろうと、あらゆる問題について今、分岐点の真只中にいると実感します。蟷螂の斧かもしれませんが、何が肝心なことなのか、何が大切なことなのかを問い続けながら生きていけたらと思います。()

3月配分日                                      

 02日(火)パン・えのき・なめこ・柑橘                     

 09日(火)舞茸・干物・りんご・鮮魚                        

 12日(金)豚肉                                          

 16日(火)えのき・なめこ・小玉りんご・柑橘・鮮魚・生牡蠣・豆類 

 22日(月)米                                              

 23日(火)舞茸・干物・キウイ・練り製品・甘塩鱈子             

 26日(金)豚肉・もつ・ソーセージ類・餃子                   

 30日(火)えのき・なめこ・柑橘・お茶                 

*月曜日に牛乳・お豆腐が配分されます。

*火曜日はこの他に野菜・卵・納豆・椎茸があります。

*配分予定はあくまで予定です。野菜などは天候により収穫が前後します。

 

2月分口座引落日      

3月19() (引落明細は16日()に配付予定)

 

品 目 情 報  

豚ひき肉      豚肉の価格は配分所でのブロックカットをやめて稲穂さんにお任せした2013年から消費税UPにともない何回か小刻みな値上げをしてきました。今の価格は2018年7月からのものですが、その後、食品の消費税は上がらなかったもののカットの加工料や送料のUP、廃材の比重増加(廃材が増えることで赤身分の多いひき肉に)などが積みあがっています。そこで大変心苦しいのですが、ひき肉の価格を値上げさせていただきます。数が多く原価に近い価格設定をしているひき肉の価格を100g20円上げさせていただきます。その他の品目に変更はありません。ご了承のほどお願いいたします。

松島の生牡蠣      10月から始まり、月を追うごとに身が大きくなってきた牡蠣ですが、今月で最後です。「酢牡蠣にしたら最高だった!」との感想を何人もの方からいただきました。100g入りは冷凍保存にも便利です。秋の再会を期して!!

小玉ふじりんご      この冬も美味しく楽しませていただいたふじリンゴも3月配分で最後です。最後に玉の小さいものや少しいびつなリンゴを小玉ふじとして配分します。価格もお手頃ですのでジャムなどの加工用としてもご利用ください。昨秋の日照不作のために最高の出来とはいかなかった今季のリンゴですが、いろいろと工夫して最後までお楽しみください。

オトワファームのキウイ      キウイの配分も3月で最後です。今年のキウイは共同購入の利点をよく表していました。12月、1月より2月の配分は3kgも多くなりその分送料の按分が低く抑えられ、配分価格も下げることが出来ました。いつも値上げのお詫びばかりしていますが、たくさん取って頂いて下げることが出来るのは大歓迎です。

金時類の配分      昨秋は毎年戴いている各地の豆類に極端な不作が多く黒豆や小豆、ささげなど毎年の生産者さんとは違う農家さんに助けていただきました。いつもは金時類を戴いている帯広の平譯農園さんからはその小豆や黒豆をいただくことが出来ました。3月には平譯さんから本命の金時類が入ります。ご飯と一緒に炊くと綺麗な紫色の祝い飯となる黒千石や、ポークチャップにもむいた大手亡なども入ります。金時豆、うずら豆、紅絞りなど100g単位で配分しますのでいろいろとお楽しみください。 

荻野さんの手作りベーコン      お待たせしました。冬の寒い季節だけ、ストックして置いた生活村の豚バラ肉ブロックを使って荻野さんが燻製して下さいます。生活村ではかつて自家製のベーコンをみんなで作っていたそうですが、その味を覚えている方からも大変好評です。数に限りがあります。次回は今年の秋以降になります。小分けにして冷凍保存可能です。

量り売りのお勧め      スーパーなどでもループと銘打って量り売りのコーナーが始まりました。生活村でも初めて半年ほどになりますが何人かの方にご利用いただいています。みりんや富士酢などぜひ市販の物と比べて頂きたいお品ほどまずはお試しに量り売りをお勧めします。ご利用時は瓶などをお持ちください。100ccでも大丈夫です。

配 分 所 情 報

2月の理事会で余剰食品などの有効活用を目的として「(食べて/使って)欲しいもの箱」の設置が話し合われました。盆暮れの戴き物や家庭菜園の収穫など誰か貰ってくれる人はいないかしらと思われる時はありませんか、そのままでは廃棄になってしまうものがある時に配分所に持ち寄ってみませんか?どのくらいの献品と利用者があるのかやってみないとわかりませんが、まずは試験的に初めてみようと思います。

・置かれる方は品目をお書きください。特に梱包してあったりすると中身がわかりません。用意した表に何が入っているのか明記して下さると助かります。

・利用してくださる方はなにを持ち帰ってくださるのかだけ書き込みをお願いします。

どのような品物が寄せられ、どのような品物がお役にたったのか確かめながら進めていきたいと思います。

配分所に立ち寄れる方だけの取り組みになるかもしれませんが、献品はどなたにも可能かと思います。ご近所の方だと品物を差し上げることもなかなか気遣いのいることが多いものです。会員の方に使ってもらえるのなら余計な気遣いは無用ではありませんか?

 

*事務のサポーターを募集します。曜日はなるべくご希望に沿いたいと思います。ご都合の付く方はどうぞご連絡をお願いいたします。現在のお手当は半日で1250/2時間半となっています。

 

320() AM10:00 配分所 は月例会です。

2月の月例会はコロナのため中止としました。

3月の会もコロナの情況によっては休会となります。休会時も配分所で待機はしていますのでなにかありましたら何なりとご連絡ください。

配分所だより 2021-1-26

年始の一ヶ月、配分所はかなりのハードワークでした。法務局や税務署の仕事がたくさん発生し、雪で各地の道路が滞りましたが、配分品にも欠品が生じました。緊急事態宣言が出されても以前のように活動量を減らすこともなく、通常どおりの毎日となりました。無症状者が感染を広げているといわれても一斉のPCR検査がなければわかりようがありません。マスクや手洗いに気を付けていても時おり無力感に襲われます。そんな中で初めてのZOOMを使った会議は新しい嬉しい体験でした。みんなで揃って会議をすることがけっして当たり前ではなくなってしまった今、それでも人と人が話し合うことの大切さを教えてくれました。画面を通すとかえって一所懸命理解しようと集中していました。今後はもっと広げていけたらと思います。     ()

 

2月配分日                                       

 02日(火)パン・えのき・なめこ・みかん・味噌材料            

 09日(火)舞茸・干物・りんご・ジュース               

 12日(金)豚肉                                            

 16日(火)えのき・なめこ・みかん・鮮魚・練り製品・生牡蠣       

 22日(月)米・もち米                                     

 23日(火)舞茸・干物・キウイ・牛肉・石鹸類                  

 26日(金)豚肉・もつ・ソーセージ類・餃子                    *月曜日に

*牛乳・お豆腐が配分されます。

*火曜日はこの他に野菜・卵・納豆・椎茸があります。

*配分予定はあくまで予定です。野菜などは天候により収穫が前後します。

 

1月分口座引落日     

    2月19() (引落明細は16日()に配付予定)

 

品 目 情 報 

 

味噌づくり      今年は2/6()に味噌づくりを行います。今年のオギノエンさんの玄米糀は生活村のお米を使って仕込んでくださることになりました。配分日が一週伸びましたが、ご容赦ください。

糀にもいろいろな種類があるそうで菌種や素材の違いのほかに発酵の進み具合でひね糀と若糀とあるそうです。糀菌は発酵が進むと白から緑っぽい色に変化していくそうですが、その進んだひね糀が荻野さんの糀です。発酵が進んでより甘くなるとのことです。生活村のお米を使った糀がどんな仕上がりになるのか、楽しみですね。

甘酒や塩糀を作られる方には菊池さんからの若糀を手配いたします。菊池さんの製造サイクルと合わなければお待たせすることになります。ご承知おきくださいますように。

 

生活村のたくあん      今年のたくわんはこれまでで最高との評判です。あと残り僅かですが、お知らせいたします。半分ずつでも大歓迎。こんなに美味しく出来たのは久保田さんの干し方のお蔭だと・・・。感謝申し上げます。

 

八島商店さんの若芽・すり身      2月配分の予定でしたが、発注するとすでに完売とのことでした。いま北海道のホッケも昆布類も極度の不漁、高値が続いています。若芽ももっと早めに確保するべきでした。ご注文の方にお詫び申し上げます。6月頃になりましたら新物の若芽が出回ります。なにかありましたらお知らせいたします。

 

干物や魚の価格      1月にえぼ鯛の干物を配分しました。小木曽商店で一番大きい特上のえぼ鯛でしたが、仕入れ値で30円の値上がりがありました。この1年を見てみますと近海もの・国産の魚は多くがじりじりと値上がりしています。配分価格に反映せざるを得ませんが、ただし、いまより多くの方が取って下さることがあれば送料の按分で相殺できる範囲のものもあります。

また、最盛期を迎えた函館の鮮魚は逆にこれまでより少しお求め安くなっています。コロナで観光業が大打撃を受けている中、市場を通す魚の価格は低迷を続けています。そのなかで変わらず丁寧な始末をしたお魚を届けてくださる熊さんをはじめ、より良いものを届けてくださる生産者さんを大事にするすべは私たちの食の選択しかありません。価格の多少の上昇も飲み込んで、もっとたくさんの方に食べて頂けたらなと思います。

 

下田の柑橘類とりんご、キウイ      2月は温州みかんが終わり伊予柑やポンカンが始まります。入荷の順は不確かですが、第1週、第3週で入る予定です。リンゴは第2週、キウイは第4週です。毎週なにがしかの果物が戴けるのはありがたいことです。今年のリンゴは9月の日照不足で色づきが今一歩というところですが、味はいつもどおり。安心して皮付きのままお召し上がりいただけます。

 

キープ牧場の牛肉      3ヶ月ごとの配分が定着してきました。一歳の牡の仔牛の肉は柔らかく、部位を問わない配分ですがスライスもブロックも調理に難儀することはありません。本当に美味しく、こんな安心できるお肉はほかにないと思います。ひき肉は大と小の袋があります。残らないで配分し切れてしまうことが多いので必ずご注文下さいますように。

 

2月からのお米は     11月は高畠提携センターの高橋稔さんの天日干し有機米の新米、12月には中川淳さんの冬水田圃の新米、1月には同じく提携センターの星寛治さんのお米を配分させていただきました。いかがでしたか?感想などお聞かせいただければ幸いです。この2月からは上和田有機米組合の天日干し有機米の配分が始まります。今年の秋は稲刈りに行けるのかどうかまだわかりませんが、高畠の田圃に思いをはせながら召し上がっていただきたいです。

 

基本のじゃが芋      いつもなら年内で終わる荻野さんのじゃが芋ですが、今年は秋採りの大きなじゃが芋が入ってきました。久保田さからも秋採りのアンデスが少しだけ入りました。嬉しいようですが、これも温暖化によるものでしょうか?

 

配 分 所 情 報

*根本先生のアンケ―トがお済でない方でご協力可能な方はこれからまたお願いしますのでよろしくお願いします。この一年でご入会された方にもお願いしています。

*2月17~19日に恒例の市民活動見本市が市役所ロビーで行われます。今年は実現するのか、まだ未定ですが、お立ち寄りの時はぜひ覗いてください。

*配分のサポーターを募集します。月曜日か火曜日のいずれか半日、ご都合の付く方はどうぞご検討お願いいたします。現在のお手当は半日で1250/2時間半となっています。

 

2/20() AM10:00 配分所 は月例会です。

1月の新年会はコロナのため中止としました。

2月の会もコロナの情況によっては休会となります。休会時も配分所で待機はしていますのでなにかありましたら何なりとご連絡ください。